とくみつのひきこもり相談ブログ

7年3ヶ月ひきこもり無職の後、働き始めました。
ひきこもり無職の間、怖い経験をしました。
このブログは自分と同じ目に遭ってほしくないという思いで立ち上げました。

PL処世訓について - 3

この記事はPL会員向けの記事です。


PL処世訓は二代さまの悟りを表したものです。
同時に二代さまの身を通して現れた自然の摂理です。


PL処世訓を全て守ろうとするのは難しいです。
ですが難しいと思ったら無理に守らなくても良いのです。
PL処世訓は全てが関連しているのでたった一つでも守ることができれば
自分を良い方へ向けることができます。


PL処世訓は多くの教えが折り畳まれていて使う人によって出て来る教えが変わります。
その中にはその人だけに意味がある教えが有ったり
ほぼ全てのPL会員に共通する教えが折り畳まれていたりします。


共通する教えの代表は
「一切に感謝する」「一切に学ぶ」「一切に誠を込める」などです。
一切に誠を込めるのは難しいですが
PLは自分のペースで信仰できる宗教です。
全てに誠を込めるのは不可能だから守れないとするのではなく
できる範囲で誠を込めれば良いのです。
難しいと思ったら即かず離れずの精神でやれば良いのです。


PL処世訓は認識と行動の二つに分かれています。


認識
人生は芸術である・人の一生は自己表現である・自己は神の表現である
表現せざれば悩がある・感情に走れば自己を失う・自我無きところに汝がある
一切は相対と在る・人は平等である・名に因って道がある
男性には男性の、女性には女性の道がある
世界平和の為の一切である・一切は鏡である・一切は進歩発展する


行動
日の如く明かに生きよ・自他を祝福せよ・一切を神に依れ
中心を把握せよ・常に善悪の岐路に立つ・悟る即立つ
物心両全の境に生きよ・真の自由に生きよ


PL処世訓はまず認識した後に行動するように促しています。
行動した後にちゃんとできているか確認するために認識の処世訓を挟み
最後の五つは行動の処世訓で埋められています。


一つ挙げるなら「世界平和の為の一切である」は認識の処世訓であり
どう行動すれば良いのかは行動の処世訓を参考にするように促しています。
処世訓の理解が進むと実際にどう行動すれば良いのかは自然に分かるようになります。


美味しいものを食べる、作品を見て感動する、旅行を楽しむ、
階段では手すりを使う、列を作り並ぶ、
これらは全て世界平和へ繋がっているのです。


神に頼らない人でも感動できる作品を見たいと思えば
それは平和を祈る事と同じになるのです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ パーフェクトリバティー教団へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。