とくみつのひきこもり相談ブログ

7年3ヶ月ひきこもり無職の後、働き始めました。
ひきこもり無職の間、怖い経験をしました。
このブログは自分と同じ目に遭ってほしくないという思いで立ち上げました。

働いて嬉しかった事

私はデータ入力の仕事をしています。
お客さんから送られた発注メールを
会社のフォーマットに合わせて編集し入力しています。


私が受け持ったお客さんは電話での変更が多く
職場の中で私が一番多く電話対応しています。


引き継いだ直後は失敗して怒られたり、
私の力が及ばない領域での会社のミスで怒られたり、
お客さん同士で情報をやり取りすれば良いのに
一々私に確認してくる方がいたりとかなりきつかったです。


負の感情を溜め込むのは自分を壊すだけなので極力流すようにしていましたが
それでもきついなあ、しんどいなあと思いながら応対していました。


先月定年退職などで三人のお客さんが辞められました。
驚いたのは三人からお世話になりましたと挨拶をいただけたことです。
社会人なら当たり前なのでしょうが
私は挨拶をいただけるとは全く思ってなかったので驚きました。


その中には怒りをぶつけられた方もいらっしゃいました。
二人目からはいつも無理を言ってすみませんでしたと謝られました。
一番驚いたのが三人目の方でわざわざ私に会いに職場まで来ていただいた事です。
最後だから会って挨拶がしたかったと。
私が逆の立場だったら他の二方と同じように電話で済まします。
私は自分の応対は間違っていなかった、報われたと思いました。


今では他のお客さんとも良好な関係が続いています。
中には厳しいことで有名な方もいて、その方は昔私の職場に乗り込んで来て
精神的に追い詰めて辞めさせたこともあるといういわく付きの方です。
そんな方を元ひきこもりに任せるのかと突っ込みたくもなりましたが、
その方も少しだけ変わりました。
引き継いだ直後は私に対しても「お前」と呼び敬語も一切無かったのですが
最近では「君」と呼び敬語も少し使っていただけるようになりました。
わずかな変化ですが昔の逸話を聞くと大きな変化だと思います。


中途半端でも道徳に沿っていれば上手く行くと実感できました。
何より一切衝突せずに解決したのが大きいです。
これが捨てて勝つ極意なのだと思いました。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。