とくみつのひきこもり相談ブログ

7年3ヶ月ひきこもり無職の後、働き始めました。
ひきこもり無職の間、怖い経験をしました。
このブログは自分と同じ目に遭ってほしくないという思いで立ち上げました。

お布施で生活する危険性

この記事はPL会員向けの記事です。


お布施で贅沢をする宗教家は
お布施で生活する危険性を理解しているのだろうかと思います。


そもそもお布施は神に対する捧げ物で
それで生活するのは横から掠め取るようなものです。
神はお金を使えないから代わりに使う。そこまでは良いです。
しかしお布施には信者の蓄財の罪や業も乗っています。
お布施で生活するのは信者の業も引き受けることになります。


だから一般の信者よりも強い感謝を持たないと
不都合な出来事が起きる確率が上がるだけなのです。
お布施で贅沢をする宗教家は神に頼らない視点からだと
信仰心を持っていないと見なされても仕方がないと思うべきです。


お布施で生活をする危険性を理解していないと
自分は良くても子孫が我が儘に育ちやすくなり
最終的には富岡八幡宮のような事件が起きてしまいます。
そしてまた宗教離れが進み道徳を知る人も減り続けるだけです。


お布施で生活をするなという話では無く
お布施で生活する危険性を理解していただきたいという話です。


ではお布施で贅沢をすることは悪なのかというと別の問題が浮上します。
日本は資本主義のシステムのため
資本主義の視点からだとお金を使う方が良いことになります。


宗教建築は奇抜なデザインが多く建設費も嵩みます。
建設業からすると宗教は良いお客さんになります。
高級車を乗り回す宗教家もディーラーからは良いお客さんになります。
立派な袈裟を着るお坊さんも服飾業からは良いお客さんになります。


お布施で贅沢をするなというと
宗教家を顧客に持つ人達全員に死ねと言うようなものです。


資本主義の視点から見ると
タンス預金や内部留保、タックスヘイブンなどで
お金を回さないことの方が悪になります。


宗教法人に税金をかけると小さな神社や
わずかなお布施で成り立っている宗教が壊滅し
大きな宗教やカルトしか残らなくなります。


この世は多くのことが複雑に絡み合っていて
真の正解というものが存在していません。
ただ世に還元しない宗教はブラック企業と並び
憎悪の対象でしかないことを知っていただきたいです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ パーフェクトリバティー教団へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。