とくみつのひきこもり相談ブログ

7年3ヶ月ひきこもり無職の後、働き始めました。
ひきこもり無職の間、怖い経験をしました。
このブログは自分と同じ目に遭ってほしくないという思いで立ち上げました。

世界線を把握する

この記事はPL会員向けの記事です。


「世界平和の為の一切である」「中心を把握せよ」
に折り畳まれている教えです。


世界線とはジョン・タイターさんによって示された並行世界の概念の一つです。
世界は時間と共に線をなぞるように続いていてその線は無数に存在しています。
タイムリープをした際にタイムパラドックスを避けるために
必ず少しだけ違う世界線になるというものです。
違う世界を世界線が変わる、世界線を移動する、と表現します。


現実は一つの世界しか認識できないのでただの創作と捉えがちですが
一つの世界であっても世界線が変わることは認識できます。
戦中と戦後で人々の認識が大きく変わっていることがそうです。


歴史的に大きな出来事があるたびに人々の認識は大きく変わります。
それが世界線が変わるということなのです。
東日本大震災が起きる前と起きた後では世界線が変わっているのです。
米同時多発テロもそうです。


宗教家が認識しなければならないのは
今はオウム事件が起こった後の世界線であることです。
オウム事件が起きる前と同じ宗教活動をするのは時代遅れになりやすいのです。
今は神の教えよりも道徳の教えを伝えることに専念するべきです。


今いる世界線が無数にある世界線の中心にあることを認識し
世界平和が達成された世界線からどのくらい離れているかを把握することが大切です。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ パーフェクトリバティー教団へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。