とくみつのひきこもり相談ブログ

7年3ヶ月ひきこもり無職の後、働き始めました。
ひきこもり無職の間、怖い経験をしました。
このブログは自分と同じ目に遭ってほしくないという思いで立ち上げました。

健康に向く

健康を維持するメリットは計り知れません。
健康であることの尊さは体を壊した時に気付きやすいです。
まず健康であることが何よりも大切な財産であると。


私は健康です。
どれくらい健康かと言うとひきこもっていた7年3か月の間
一度も体調を崩さなかったほど健康です。


なぜ健康なのかと言うと自分の体が弱いことを自覚しているからです。
だから健康な体を手に入れるために他人が引くほど徹底しました。


まず睡眠について。
毎日必ず7時間以上の睡眠を摂っています。
睡眠は免疫力を高めること、正常な判断力を保つこと、
そして得た知識を適切に吸収するために必要なものです。


入浴について。
20代以降は首まで浸からず半身浴で済ましています。
なぜ首まで浸かるといけないのか。
首まで浸かってしまうと自律神経が異常を起こすようになります。
具体的には風邪を引きやすくなってしまうのです。


さらに風呂場で水死するリスクを高めることになります。
湯船に浸かると眠くなる時がありますがそれはゆっくり失神しているのです。
ひどくなると意識を失い水死します。


運動について。
20代のころは職場にトレーニング施設があったので
若さに任せて筋トレをしまくってました。
その貯金のおかげで今も健康体を維持できています。
現在運動といえば歩いているだけですがそれで充分だと気付きました。


運動の必要性については宇宙飛行士の例が分かりやすいです。
長い間無重力状態だと毎日どんなにトレーニングを積んでも
地球に帰還したとき立てなくなるほど消耗します。
筋肉や骨に適度な負荷を与え続けることの重要さがよく分かります。


本題の食事については次に書きます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。