とくみつのひきこもり相談ブログ

7年3ヶ月ひきこもり無職の後、働き始めました。
ひきこもり無職の間、怖い経験をしました。
このブログは自分と同じ目に遭ってほしくないという思いで立ち上げました。

動揺する人は動揺したいから動揺している

自分が負の感情を抱いた時、大きな視点で見ると
それは自分がそうなりたいから負の感情を抱いていることになります。


パナマ文書を例に取ります。
パナマ文書に名前が挙がり動揺した人は結果的にそうなりたかったのです。
余ったお金を世に還元していれば動揺することも無かったからです。


脱税する時にバレたら批判される。それでも脱税しますか?
それで「はい」と答えただけなのです。
だから批判されたら望み通りになりましたね、としか言いようが無いのです。
嫌味でも皮肉でもありません。ただそれだけの話なのです。
これを嫌味と捉えてしまうのもその人がそう思いたいだけだからです。
負の感情を積み重ねるとまた負の感情が出てくることに気付いてほしいです。


パナマ文書の件に関して自分の生活が苦しくなったのは彼らのせいだと
過剰に怒り批判している人がいますがそれもやり過ぎてはいけません。
世界的に報道されたのだから後は国税庁に任せれば良いのです。
国民は監視しているよ、という姿勢を見せるだけで良いです。
怒りは寿命を縮めるだけです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。