とくみつのひきこもり相談ブログ

7年3ヶ月ひきこもり無職の後、働き始めました。
ひきこもり無職の間、怖い経験をしました。
このブログは自分と同じ目に遭ってほしくないという思いで立ち上げました。

「物心両全の境に生きよ」とは

この記事はPL会員向けの記事です。


PL処世訓第二十条「物心両全の境に生きよ」
この教えには二重、三重の意味が込められています。


まず心と体を万全の状態にすること。
そして自分というものをその中心に持っていくこと。


この処世訓が示しているのは心と体は対等であるという事です。
多くの人が勘違いしていますが自分の体は自分の意識の奴隷ではありません。
自分の意識が存在していられるのは脳があるおかげです。
体が動くことができるのは意識があるおかげです。
自分の体があることに感謝をし、いたわれば体も応えてくれるようになります。
決して自分の体を下に見てはいけません。


そしてこの処世訓にはもう一つの教えが隠されています。
それが「科学と宗教、両全の境に生きよ」
宗教だけを妄信すると視野が狭くなってしまうことを戒めているのです。


最後の処世訓から一つ前にこの処世訓があることの重大さに気付いてほしいです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ パーフェクトリバティー教団へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。