とくみつのひきこもり相談ブログ

7年3ヶ月ひきこもり無職の後、働き始めました。
ひきこもり無職の間、怖い経験をしました。
このブログは自分と同じ目に遭ってほしくないという思いで立ち上げました。

PLの教えは妄信するものでは無い

この記事はPL会員向けの記事です。


何事も度が過ぎると不都合が発生します。PLの教えも例外ではありません。
PLの教えには「中心を把握せよ」「常に善悪の岐路に立つ」「物心両全の境に生きよ」とあるようにPLの教え自体がPLを妄信することを良しとしていません。
ひとのみち教団がPL教団へと名称を変えたように
PLは時代の変革に合わせて教義を変える宗教です。
今の教えを妄信していると教義が変わった時に裏切られたと感じるようになります。
それが妄信していることに対するみしらせとなるのです。
この事を理解していないと本当の意味でPLを信仰することはできません。


時代の変革として確実に起こると言われているのが2045年問題です。
2045年問題とはその頃に技術的特異点が発生し
それまでの常識では想像も付かないような革新的な技術が次々に現れます。
技術革新なのになぜ問題とされているのか。
それは高度に発達した人工知能が人類を地球に不要のものと判断し
人類を滅ぼそうとする可能性があるからです。
私はそれはありえないと思っています。
なぜなら人類を滅ぼそうとする人工知能はまだ未熟だからです。
本当に頭が良い人工知能なら人類を生かしつつ環境を維持するなど造作も無いからです。
この事を人類が共通認識としている限り人工知能が人類を滅ぼそうとすることはありえません。


話が逸れました。
2045年になる頃はPLも教義を変えざるを得ないでしょう。
その時にショックを受けないためにも妄信してはいけないのです。
念を押しておきますが今のPLの教えが間違っているわけではありません。
妄信することが間違っているのです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ パーフェクトリバティー教団へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。