とくみつのひきこもり相談ブログ

7年3ヶ月ひきこもり無職の後、働き始めました。
ひきこもり無職の間、怖い経験をしました。
このブログは自分と同じ目に遭ってほしくないという思いで立ち上げました。

神の声が聞こえるのは統合失調症と本質的に同じ

この記事はPL会員向けの記事です。


神の声を聞いている人達はそこで思考停止しているように思います。
声が聞こえている時に体の状態が医学的にどうなっているのか考えた事があるのだろうかと思います。
私自身の経験と知識から推測すると
それはポジティブな統合失調症であると言えます。


柔軟な考え方ができる人ならネガティブな統合失調症が有るなら
逆のポジティブな統合失調症も有ると考えられるはずです。
そして本質的には同じであるということです。


ポジティブな統合失調症は発酵食品みたいなものです。
腐敗した食品と発酵食品は人間にとって有用であるか無いかの違いだけで醸すという点において本質的には同じです。
ポジティブな統合失調症も本質的には普通の統合失調症と同じということです。


普通の統合失調症は頭の内外に関わらず
自分を責める言葉が延々と聞こえます。
それに対しポジティブな統合失調症は
持っている知識を整理して聞かせてくれます。


ポジティブな統合失調症が目立たないのは
その気になれば日常生活を問題無く送れるからです。
普通の統合失調症と違い治療の必要が無いのです。
そしてその多くが宗教家になります。
多種多様な宗教が存在している理由がこれです。


私が声を聞くのを止めたのは本質的に統合失調症と同じであることが引っかかったからです。
長い間統合失調症だと脳が萎縮してしまうのは医学的に知られています。
ポジティブな統合失調症も脳が萎縮するリスクが有ると考えました。
実際自分で考えようとすることが少なくなるので
ポジティブな統合失調症も恐らく脳が萎縮すると思います。
治療が必要では無いため研究している医者もいません。
リスクが有る以上聞かない方が良いと私の体は判断しました。


神の声が聞こえていることを否定したいわけではありません。
その声は紛れもなく神の声です。
ただ脳にかかる負荷が未知数なので控えた方が良いと考えただけです。
体の声と会話しなくても人間は気付くことができます。
その気付きで充分なのです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ パーフェクトリバティー教団へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。