とくみつのひきこもり相談ブログ

7年3ヶ月ひきこもり無職の後、働き始めました。
ひきこもり無職の間、怖い経験をしました。
このブログは自分と同じ目に遭ってほしくないという思いで立ち上げました。

道に沿えば確率が変わる

量子論を知るとこの世は確率で左右されていると分かります。


私は社会復帰して普通に働けるようになるまで半年ほどかかりました。
その間ミスも何回か有り落ち込んだこともあります。
しかしそれ以上に周りの方々がフォローしてくれたのが有り難かったです。


その過程で気付いたことはこれだけフォローしてくれるのは
道に沿っているからだと分かりました。


能力がほぼ同じ人が二人いたとして
片方はいつも感謝をしている、もう片方はいつも怒っている。
ミスをした時どちらがフォローされる確率が高くなるか。
考えてみれば単純なことでした。
負の表現を行う人は失敗した時に深みにはまりやすくなるのです。


私は最近かなり不本意な失敗をしてしまい
昔の私なら黙っていた案件でしたが正直に報告しました。
お客さんは怒ることも無く改めて指示をいただきました。


引き継いだ直後なら間違いなく怒られていた事で
お客さんの反応が全体的に柔らかくなりました。
これも道に沿っていたからです。


私は怒りをぶつけられても一切跳ね返さないようにしていました。
心の中でも不足を抱いたらそれは相手に伝わると思い
とにかく穏やかな状態を続けようとしていました。
その結果職場の人達もお客さんも
私に怒りをぶつける人は一人もいなくなりました。


もちろんお客さんの優しさに甘えては駄目だと分かっています。
それでも常に怒っている状態では無くなったのは良い事のはずです。


不足を抱くと抱いた分だけ失敗する確率が高くなるので
それをいかに断ち切るかが大切です。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。