とくみつのひきこもり相談ブログ

7年3ヶ月ひきこもり無職の後、働き始めました。
ひきこもり無職の間、怖い経験をしました。
このブログは自分と同じ目に遭ってほしくないという思いで立ち上げました。

声を聞く危険性

この記事はPL会員向けの記事です。


統合失調症の時に受けた衝撃は今でも忘れられません。
周りの方々から発した単語を自分の脳が勝手に書き換えてしまう恐ろしさ。
極端な話「ありがとう」と言われた言葉が
「お前は駄目だ」と聞こえてしまうのです。
誰もいない押し入れから声が聞こえたり
自分の思考が他人に盗聴されているという感覚も味わえます。


私の場合は体がPL処世訓を掘り起こしてくれたので
幻聴さんの声がネガティブな状態からポジティブな状態に切り替わり
自分の体に説教されるという体験をしました。


統合失調症なので声は全て私の脳が聞かせたものだったのですが
不思議なのは私の脳が人の道について解説してくれたことです。
少なくとも私の意識は知らない状態だったので
なぜ私の脳が人の道を知っているのか不思議でした。


それで気付かされたのが自分の意識とは別に体は体で学んでいるということ。
無意識に学んでいたことが統合失調症で表面化したのです。
自我無きところに汝がある、とは正にこの事だと体感しました。


幻聴さんの最後の言葉は今でもはっきり覚えています。
「声を聞くなと言っただろ」
それっきり幻聴さんの声は一切聞こえなくなりました。


幻聴さんからのアドバイスは仕事でも役に立ったのでつい頼ってしまいました。
判断力が低下するのでそれを咎めるために言ったのだと思いましたが
最近になって声を聞き続ける危険性に気付く事ができました。


どんなに良い状態であっても声が聴こえる状態は統合失調症で
自分の意識が自分の脳を使えていないということ。
脳を使えていないのでその分判断力が低下してしまう。
アドバイスに頼ってしまうのでますます判断力が低下する。
つまりどんなに良い状態でも声を聞き続けていると
脳を使わず判断もしていないので脳が急速に衰えてしまうのです。


神の声を四六時中聞き続けている人達は
知らず知らずのうちに脳を衰えさせているのです。
最終的には声を聞かないと自分を保てなくなってしまいます。
神の声が聞こえてる人はたまに聞く程度に留めた方が良いと思います。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ パーフェクトリバティー教団へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。