とくみつのひきこもり相談ブログ

7年3ヶ月ひきこもり無職の後、働き始めました。
ひきこもり無職の間、怖い経験をしました。
このブログは自分と同じ目に遭ってほしくないという思いで立ち上げました。

時間から自分を見る

時間の視点から自分を見た時
過去の自分と今の自分と未来の自分、三人いることが分かります。
さらに生まれる前と死後の自分もいますが認識できないのでこの二人は深く考えないようにします。


この中で一番重要なのは今の自分です。
過去の自分と未来の自分には今の自分から見て意識が無いからです。
ですが過去と未来をないがしろにして良いわけではありません。


過去は自分の意識が通った道で未来は自分の意識が必ず通る道です。
過去の自分が持っているのは経験で未来の自分が持っているのは可能性です。
この二人を結んでいるのが今の自分です。


過去の自分に思うことは経験から学び
失敗したことを嘆かず引きずらないことです。
未来の自分に思うことは決して憂いてはならず
いつか必ず訪れる未来に対処するためできる範囲で頑張ることです。


過去は変えられません。
負の感情や負の言葉を使った過去も変えられないのです。
だから未来の自分のために少しでも減らす努力が必要なのです。


悪の側にいる人は思考の檻に囚われている人です。
例えばお布施を着服する宗教家は賽銭泥棒と同じなのですが
天罰が下らないためにやっぱり神はいないじゃないかと
自然の摂理を理解できないまま年を重ねていきます。


しかし年を重ねると経験や感性の成長によって
自然の摂理に気付く確率は上がっていくのです。
信仰心を持つお年寄りの方々が多いのはそのためです。


死は自然の摂理の一つです。
死が迫ってくると自然の摂理に気付く確率は跳ね上がります。
死の間際に自然の摂理を理解してしまうと
今までの自分の行いに耐えられないほどの苦痛を味わってしまうのです。


私は過去の経験に感謝しながら生きています。
そして未来の自分にも感謝しています。
未来への感謝は特殊な感謝ですが
少なくとも憂いを持つことは無くなりました。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。