とくみつのひきこもり相談ブログ

7年3ヶ月ひきこもり無職の後、働き始めました。
ひきこもり無職の間、怖い経験をしました。
このブログは自分と同じ目に遭ってほしくないという思いで立ち上げました。

人の命は尊い

命は尊いものですが地球上では人の命が最も尊いです。


遠い未来で太陽が燃え尽きた時、
生き延びる可能性が一番高いのが人間です。
もし先に人類が滅亡していた場合
太陽の寿命が尽きると同時に地球上の生命も死に絶えます。


しかし人類が太陽系を脱出して生き延びた場合
他の動植物の何種かも生き延びることができます。
人とそれ以外の命のどちらを優先させれば良いのか考えた場合
人命を優先した方が最も多くの命が助かるということです。
人は多くの命を救う力を持っているから人の命は尊いのです。


遠い未来のことを考えるのは心の無駄遣いと思われるかも知れません。
しかし宇宙の誕生が自分と関係しているように遠い未来も自分に関係しています。
宇宙の熱的死も知っていれば世界平和を目指す理由の一つだと分かるはずです。


もし人類の滅亡が回避できない状況になったら
その時に生きている人達は最大級の絶望と苦痛を味わいます。
少なくとも子供がいる人ならばそれだけは回避したいと思うはずです。


世界平和は最も効率が良い状態を指したものです。
道徳は最も効率が良い状態をもたらすものであると知っていただきたいです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

科学の進歩を止めてはいけない

この記事はPL会員向けの記事です。


科学の進歩は人々の生活水準を上げました。
原始的な生活を重視する人達は資源の無駄遣いと批判します。
科学の進歩を止めるとどうなるか。
遠い未来に人類は滅亡します。


今の人類は地球と太陽に生かされている状態です。
太陽はいつか燃え尽きます。
その前に人類は太陽系から脱出しなくてはなりません。


脱出できたとしてもさらに厳しい未来が待っています。
宇宙の熱的死です。
宇宙はダークエネルギーによって際限なく膨張すると見られています。
そして膨張することによって冷え続けています。
いつか宇宙の全てが絶対零度で満たされることになります。


これを覆すために科学の進歩を止めてはいけないのです。
二代さまが「一切は進歩発展する」とした真意はここにあるのです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ パーフェクトリバティー教団へ
にほんブログ村

PL処世訓について - 4

この記事はPL会員向けの記事です。
PL処世訓を眺めていると対が目立つことに気付きます。


一切は相対と在る・自他を祝福せよ
男性には男性の、女性には女性の道がある
一切は鏡である・中心を把握せよ
常に善悪の岐路に立つ・物心両全の境に生きよ


このようにPL処世訓は対を示した処世訓が多いです。
自己と他の関わりには必ず丁度良い距離があり
それを把握しないと上手く行かないからです。


PL処世訓は自由に生きる方法を示したもので
そのために調和を大事にしなさいとしつこいくらいに書かれています。


PL処世訓は1か条単体でも守ることができれば効果が有ります。
しかし単体で抜き出してしまうと不具合が起きやすくなります。
PL処世訓はそれぞれが互いに補完しあっているもので
あくまで他の20か条が有るからそれぞれが成り立っています。


「人は平等である」や「真の自由に生きよ」などは
単体では誤解しやすい処世訓です。
「表現せざれば悩みがある」と「自他を祝福せよ」は
この二つだけ抜き出して並べると矛盾しているように見えます。
しかし21か条同時にイメージすれば誤解や矛盾は無くなります。


21か条同時にイメージできれば
「人生は芸術である」と何も引っかかること無く出てくるようになります。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ パーフェクトリバティー教団へ
にほんブログ村

偏見という思考の檻

私はいつも道について堂々巡りの考えが出てきます。


なぜこんな単純なことに気付けなかったんだろう。
なぜこんなに分かりづらいのだろう。
私が気付けたぐらいならもっと多くの人が気付けるようになるはず。


何がきっかけで気付けるようになるかは人それぞれで皆違うと思います。
私自身、統合失調症という強固な思考の檻から解放されてやっと気付けたくらいです。
気付きを妨げるものは色々ありますが一言で表すなら偏見が有るからです。


現代にブッダが居たと仮定します。
ブッダの姿はとても見すぼらしい格好です。
その姿で教えを説かれても受け止められない人が多数だと思います。
私もです。多分まっすぐに聞けないと思います。


しかしその教えを検討して参考になる所があるなら参考にします。
それができるかどうかで気付けるか否かが変わってくるのです。


納得できないなら無理に納得しなくても良いです。
誰もが情報発信できる時代になり、それだけノイズも多くなっています。
ですができる限り多くの情報に触れ
どんな些細なことからも本質を見抜こうとすれば
自然と道に行き着けるようになります。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

瞑想と魔境

瞑想は気分を落ち着かせ思考の客観や気付きを得られると
愛好家が大勢いらっしゃる心の健康法です。
私はやった事はありませんが効能は有ると思います。


やったことが無いならこれに言及するのはお門違いかも知れませんが
似たような状態になったことがあるので記します。
私の場合は統合失調症の状態で体力の限界まで歩いた後
寝ようとした時に身体から説教されたことがそれに当たります。


私が瞑想に注目したのは瞑想の効能ではなく
瞑想に失敗した時に現れる魔境というものです。
知覚過敏になりネガティブな感情が湧き出たり幻聴が聞こえたりするというものです。


これはどう考えても統合失調症です。
つまり瞑想はポジティブな統合失調症になる方法で
失敗すると統合失調症になってしまうということです。


こう記すと愛好家は精神病では無いと怒るかも知れませんが
該当する言葉が存在しないからそう表現しているだけで
瞑想している方々が精神病などと言うつもりはありません。


ただ瞑想に失敗すると統合失調症になるリスクが有ることは知られるべきだと思います。
瞑想は絶対に安全だと主張する方々がいますが
レーシックは絶対に安全だと主張する人達と大差無いことに気付いていただきたいです。


恒例となりますが瞑想を否定したい訳ではありません。
本質を見誤ってほしくないだけなのです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村