とくみつのひきこもり相談ブログ

7年3ヶ月ひきこもり無職の後、働き始めました。
ひきこもり無職の間、怖い経験をしました。
このブログは自分と同じ目に遭ってほしくないという思いで立ち上げました。

道に沿う難しさ

この記事はPL会員向けの記事です。


即かず離れずのバランスを保つのは難しく
道に沿うには経験と感性が必要です。
バランスを保つことが難しい点は多いです。


よくベストを尽くすことが美点とされますが
全力を出した結果体を壊した場合、無理をし過ぎたからだと言われます。
全力を出せと言ったじゃないかと思いたくなりますし
体を壊す手前までベストを尽くせという
普通に考えて判断できないことを目指さなくてはなりません。


怒ってはいけないと言われても我慢をしてはいけないとか
道を知ってほしいと思っても分からせてやろうと思う時点で道から外れます。
道に気付いた時これは難しすぎると思いました。


ここで過去の失敗の経験が生きてきます。
夜更かしをすると頭が働かなくなったとか
お酒を飲みすぎると二日酔いになったとか
食事を抜いた時に低血糖になったとか色々有ります。
ちゃんと寝よう、お酒は控えよう、ちゃんと食事を摂ろう、
そう思えることが無形の恵みで実際に行動すれば道に沿うことになります。


失敗するたびにきちんと反省することも誠を込めることになります。
一切に誠を込めることは失敗を反省することから始まります。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ パーフェクトリバティー教団へ
にほんブログ村

無意識のストレス

生きていると様々なストレスに遭います。
思い通りに行かなかったとか負の感情をぶつけられたなど
有意識のストレスは分かりやすいストレスです。


対して無意識のストレスは意識が認識していないために
なぜ調子が悪くなるのか分からないという怖さがあります。
可聴域を超えた超音波、建て付けの悪い家で平衡感覚が狂う、
ハウスダストや塗料が揮発して知らずに吸うなど色々あります。


この無意識のストレスという概念も
知っているかいないかで生存確率が変わっていきます。


また階段を例に挙げますが手すりを使わないと
使っている時より無意識のストレスが発生します。
階段は危険な場所であると認識できているなら
手すりの無い階段や手すりを掴めない位置でも気を付けるようになります。


日本とアメリカを比べると分かりやすい例が銃の存在です。
アメリカは一般人でも銃を所持しています。
どんなに治安が良くても銃が有るというだけで
無意識のストレスが発生し続けるのです。


この無意識のストレスは自覚が無い上に長年に渡って受け続けるため
どうしても寿命に影響を与えます。
知っているなら自分の寿命が削れるのにも納得できますが
多くの人はこの概念を持っていないために
自分の寿命に納得できないまま死を迎えます。


この世を楽しむには知ろうとすることを止めないことと
真偽に関わらず情報に振り回されないことです。
偽の情報はもちろん本当の情報であってもそれに振り回されないことです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

失敗と向き合い続ける

この記事はPL会員向けの記事です。


人間は完全ではなく失敗するもので
失敗した時にその失敗とどう向き合えるかが重要になります。


失敗した時にこんな失敗をする自分は嫌だと思うのはただの自己否定です。
どんなに嫌だと思っても失敗した事実は消えないからです。
嫌だと思えば思うほどストレスにしかならないのです。


失敗した事を忘れたり開き直るのはもっと重い自己否定です。
自分の本質や個性というものは変えられないため
同じ失敗を繰り返すようになるだけだからです。
失敗したことは受け入れ反省し対策を立てることです。


私にとって負の感情を使うことは失敗なので
色々考えてこの場合はこう思う、というのを繰り返しました。


怒りをぶつけられた時は基本的に相手を祝福しました。
心の中で「幸せになりますように、負の感情から解放されますように」と。
神に頼らない人からすれば心の中で祝福しても何も意味が無いと思われるでしょう。
この祝福は相手の為というより自分の為に行う意味が強いです。
感謝した瞬間や祝福した瞬間は負の状態では無いからです。


それでもきついものはきつく、さらに考えていたことがこれです。
「善悪の岐路に立て、統合失調症も結果的に自分の成長につながった。
 この経験もきっと未来の自分の糧になる」
それでなんとか乗り越えて今の状態が有ります。
少なくとも働くことにおいてきつさのピークは過ぎました。


職場の人達もお客さんも道を知っているわけではありません。
知ってほしいと思っても分からせてやろうと思うことは逆に道に沿いません。
分からせてやろうと思うことも負の感情でありすでに失敗していて
別の失敗をする確率を上げていくだけだからです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ パーフェクトリバティー教団へ
にほんブログ村

道に沿えば確率が変わる

量子論を知るとこの世は確率で左右されていると分かります。


私は社会復帰して普通に働けるようになるまで半年ほどかかりました。
その間ミスも何回か有り落ち込んだこともあります。
しかしそれ以上に周りの方々がフォローしてくれたのが有り難かったです。


その過程で気付いたことはこれだけフォローしてくれるのは
道に沿っているからだと分かりました。


能力がほぼ同じ人が二人いたとして
片方はいつも感謝をしている、もう片方はいつも怒っている。
ミスをした時どちらがフォローされる確率が高くなるか。
考えてみれば単純なことでした。
負の表現を行う人は失敗した時に深みにはまりやすくなるのです。


私は最近かなり不本意な失敗をしてしまい
昔の私なら黙っていた案件でしたが正直に報告しました。
お客さんは怒ることも無く改めて指示をいただきました。


引き継いだ直後なら間違いなく怒られていた事で
お客さんの反応が全体的に柔らかくなりました。
これも道に沿っていたからです。


私は怒りをぶつけられても一切跳ね返さないようにしていました。
心の中でも不足を抱いたらそれは相手に伝わると思い
とにかく穏やかな状態を続けようとしていました。
その結果職場の人達もお客さんも
私に怒りをぶつける人は一人もいなくなりました。


もちろんお客さんの優しさに甘えては駄目だと分かっています。
それでも常に怒っている状態では無くなったのは良い事のはずです。


不足を抱くと抱いた分だけ失敗する確率が高くなるので
それをいかに断ち切るかが大切です。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

無形の恵み

この記事はPL会員向けの記事です。


有形無形の恵みに感謝するのは宗教家の基本ですが
無形の恵みを認識できている人はあまり多くないと感じています。


太陽が地球を照らし温めていることや雨が降り植物が育つこと、
空気が存在し呼吸ができること、これらは有形の恵みです。
対して無形の恵みは今日も交通事故に遭わなかったとか
人の縁や気付きそのものです。


私の場合は脳が使えない状態でおかしいのは私の脳だと判断できたこと、
もっと踏み込むと自分の軸を自我に置いていたことが間違いだったと
正しい判断ができたことが無形の恵みです。


ひらめきや気付きというものは意識が気付いているのではありません。
脳が集めた知識から確率的に発生させているのです。
自分の軸というものは意識では無く体に有ります。
多くの人は自我に自分の軸を置いていますが
それは思考の檻に囚われやすくなるだけです。


気付く確率を上げるには自然の摂理に沿うことです。
健康に気を配ることを筆頭に感謝することや負の感情を使わないことです。
怒ると視野が狭くなりやすいなら怒らないことを続けていれば
視野が広くなりやすいという単純な話なのです。


気付くという無形の恵みに感謝できるようになると
さらに多くのことを気付けるようになります。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ パーフェクトリバティー教団へ
にほんブログ村